意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう) ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722)

意識体術斬の第8巻は、意識の体を作り出して相手との距離感を狂わせる技法「陽炎」を学んでいきます。
意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう)  ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722)
意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう)  ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722) 意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう)  ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722) 意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう)  ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722) 意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう)  ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす(商品番号:RJ346722)

意識体術 斬 (意識体術シーズン2)
第8巻:陽炎(かげろう)
・距離感を支配する
・意識を外に出して距離感をズラす

※今作を学ぶにあたっての前提条件はありません。(この巻単体で学べます)

■意識体術斬の第8巻は、意識の体を作り出して相手との距離感を狂わせる技法「陽炎」を学んでいきます

今作では意識操作によって相手との距離感を狂わせて物事を有利に進めるための技法「陽炎(かげろう)」を学んでいきます。

相手との距離感を狂わせて支配する技法というのはあらゆる対人戦において有効で、武術においては相手との間合いを制すれば勝ち負けに直結しますし、剣術においては文字通り生死を分ける要素となります。
バスケットボールやサッカー、カバディなどのスポーツにおいても相手との距離感を支配できれば勝率は上がり、その逆に相手に距離感を支配されてしまえば勝率は下がります。

「陽炎」は相手との距離感を変えていく技法のため、うまく使いこなせば人間関係においても有用です。
相手との距離感をうまく調整することができればベストな関係を構築できますし、親しさを演出することも可能でしょう。

説得や交渉、勝負事、プレゼンテーションにおいても意識操作をすることで相手との距離感をズラしたり、ハッタリや威圧をかけたりスカしたりと対人関係においても距離感を制御することは有用です。
また、陽炎を学ぶことで相手の気配にも敏感になるため「相手の秘めた実力」や「腹の中の気持ち」なども以前よりも察しやすくなるでしょう。

「距離感の制御」はスポーツや武術だけでなく、応用次第で人間関係のあらゆる分野にも応用できますので是非とも有効に活用してみてください。

※本作は習得にあたっての前提条件はありません。(この巻単体で学べます)
※本作は稽古相手が必要になる稽古法が多数出てきますのでご注意ください。

■今作の関連作品
意識体術シーズン1 第2巻「第二の手足」(イメージで複数の手足を作り出していく技法)
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ159782.html

※本作品は魔法使い入門シリーズよりも肉体寄りの体術シリーズとなります。
※本作品は軽い運動もありますので無理をしない範囲で楽しく行ってください。
※本作品は魔法使い入門シリーズと同一の世界観で展開していく物語となります。

魔法使い入門
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ134415.html

■主なメニュー
・説明
・実践前の陽炎知識レクチャー
 ・他人が大きく見えたり小さく見えたりするオーラや雰囲気の話
・実践1 陽炎を生み出すための下準備(対人稽古)
 ・稽古相手や道具の話
 ・陽炎の稽古法
  ・受け手側の稽古条件と攻め手側の稽古条件
  ・圧迫感や緊張感を感じる
  ・深刻に危機感を感じる稽古
  ・内面を感じる
  ・乖離
  ・意識の体「陽炎」を自覚する
・実践2 陽炎を行使する(対人稽古)
 ・陽炎をコントロールする
  ・離して置く
  ・出し入れする
 ・陽炎で相手を制する
 ・陽炎で相手との距離感をズラしていく
 ・陽炎で相手の出鼻を挫く 
・まとめ
 ・距離感のコントロールやフェイント
 ・見えないものは怖い
 ・陽炎の質を上げる
 ・ポーズに関して
 ・「気持ちを前に出す」ことに関して
 ・斬られなければいけない古武術の極意に関して
 ・稽古相手がいない場合の代替え法(1人稽古方法)
 ・恐怖心に関して
 ・人間関係への応用
  ・プレゼンや説得交渉に応用する
  ・相手を威圧したり圧迫をかける
  ・わざと恐縮した気配を出す
 ・関連作品「第二の手足」との併用
・おまけファイル「武器を手にして陽炎を強化する」
・おまけファイル「1人稽古用 陽炎」

・PDFファイル
 ・本編テキスト(陽炎本編のPDFテキストが付属しています)

■トラック内容(収録時間合計 1:20:37)
MP3ファイル
・01陽炎 説明(1:52)
・02陽炎 実践前レクチャー(2:22)
・03陽炎 実践1 陽炎を生み出すための下準備(24:01)
・04陽炎 実践2 陽炎を行使する(27:01)
・05陽炎 まとめ(10:19)
・06陽炎 おまけファイル「武器を手にして陽炎を強化する」(6:00)
・07陽炎 おまけファイル「1人稽古用 陽炎」(9:00)

PDFファイル
 ・陽炎本編テキスト(本編のPDFテキストが付属しています)

■体験版内容
・体験版では製品版の一部を試聴できます。

■製品版内容
・製品版はMP3の最高音質320kbpsで収録されています。

■意識体術の新シリーズ
「意識体術 斬(イシキタイジュツ ザン)」は格闘技や武術、武道、スポーツや日常生活で役立つ体の動かし方や
体術の極意などを伝授する「意識体術」シリーズのシーズン2となります。

意識体術(シーズン1)
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ153341.html

今シリーズの講師を務めるのは、前シリーズヒロインである屍(カバネ)さん、忌さん(イマワ)姉妹の親戚筋である女の子、棺(ヒツギ)ちゃんとなります。
明るくフランクな彼女と一緒に、最小限の労力で最大パフォーマンスを得ることが出来る技法、意識体術の世界を楽しんでいきましょう。

■聴き方
・静かで落ち着いた場所で聴くことをおすすめします。
・音源はヘッドホンやイヤホン、スピーカーなど、一番リラックスできる自由なスタイルでご視聴下さい。
・音量は普通もしくは小さめで聴くことをお勧めします。

■注意事項
※本作品は催眠音源ではありません。
※本作品の効果は個人の資質・形質に左右される部分がありますが
 アニメや漫画、ゲームなどが好きでイメージ力がある方のほうが習得が早いかもしれません。
※気分が悪い時や体調のすぐれない時の視聴はご遠慮ください。
※運転や機械の操作時など、事故につながりかねない状況での視聴は絶対にしないで下さい。
※本作は特殊な音声加工はしていないため、どなたでも聞ける内容ですが、それでも精神的に不安を感じてしまう方や心臓、脳、肺などに不安があり心配をされる方は視聴を控えるようお願い致します。

■クレジット
棺(ヒツギ)CV:東愛
https://iikoe.org/actor_page/123
https://fantia.jp/fanclubs/455

イラスト:山田サトシ
http://satoshiart.html.xdomain.jp/index.html

Fantia Legendary Thanks:
サナエ

Fantia Special Thanks:
無銘シンブンシ 
次郎冠者
larnneire
candela
Reohan
かりくす
夜想
こねこパレード
nikawx 
闇に輝く光
cowardscarecrow
美園蓬子
らいっち

脚本・音声編集・効果音:Windress
http://windress.jimdo.com/

制作:まほー工房
http://mahoukoubou.jimdo.com/

作品の詳細(商品番号:RJ346722)

メーカー まほー工房
商品価格 693円~
商品番号 RJ346722
関連ワード
販売日 2021年10月07日 0時
シリーズ名 意識体術2
作者 Windress
シナリオ Windress
イラスト 山田サトシ
声優 東愛
年齢指定
全年齢
作品形式
ボイス・ASMR
ファイル形式
MP3
ジャンル
健全 シリーズもの 技術書 格闘 ボクっ娘
ファイル容量
128.18MB

『意識体術 斬 (意識体術シーズン2) 第8巻:陽炎(かげろう) ・距離感を支配する ・意識を外に出して距離感をズラす』を見た感想

  • [21-10-09] 無意識にやっていることが意識化できて良かったです
    作品中でも触れられていることですが、陽炎は大なり小なり普通に生きていれば無意識にやっていることなのだと思う。それを意識化して使いこなすという発想が良かったし、実践しやすく効果も出る、と思いました。

    いろいろと生活や仕事中のシーンを振り返ってみると、道を歩く際に意識を少し前に出して前から来る人を避けたり、見通しのきかない曲がり角で遮蔽された陰から出てくる人を事前に避けるために意識を曲がり角において避けたりしていることに気付けました。

    また、逆に意識を前に出すことの逆も大事で、意識を引っ込めることも大事だなと作品を聴いて今更ながら気付けました。仕事などでうっかり無意識に武術的な意識の使い方をしてしまうと、上司等に「偉そうに見える」「何様のつもりだ」とか顰蹙を買うことがありましたが、ちょっと反省しました。



新着ピックアップ商品情報

タイトルとURLをコピーしました