黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244)

古き昔から伝わるとある男女の色恋。 二人の擦れ違いから起きた悲劇はめぐって二人へと降りかかる。 これはお嬢様と若い僧の恋愛奇譚。
黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244)
黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244) 黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244) 黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244) 黄色の菊とスグリの花(商品番号:RJ259244)

古き昔から伝わるとある男女の色恋。

二人の擦れ違いから起きた悲劇はめぐって二人へと降りかかる。

これはお嬢様と若い僧の恋愛奇譚。

よく知らない人向けの童話風パートである【黄色い菊】
多少知っている人向けの普通小説パートの【スグリの花】

勿論どちらから読んでもらっても構いません。

【黄色い菊】  10ページ
【スグリの花】 21ページ

=Staff=
文 鏡花 和泉
絵 鏡花 和泉

作品の詳細(商品番号:RJ259244)

メーカー 隠者生活
商品価格 110円~
商品番号 RJ259244
関連ワード
販売日 2019年07月23日
シリーズ名短編集
作者 鏡花 和泉
イラスト 鏡花 和泉
年齢指定
全年齢
作品形式
ノベル
ファイル形式
PDF
ページ数計31ページ
ジャンル
少女 青年 着物/和服 歴史/時代物
ファイル容量
826.74KB

『黄色の菊とスグリの花』を見た感想

  • [21-07-31] 現代風アレンジが素晴らしい!
    元ネタを知りませんでしたので新鮮な気持ちで読むことができました。二人の若い男女が出会い、恋に落ち、最終的に結ばれるストーリーです。ストーリーが全体的に爽やかなので楽しく読むことができました。
    また、作者さんの現代風アレンジがとても素晴らしく、とても読みやすかったです。作中の雰囲気もとてもよく、非常に満足のできる作品です!


  • [21-06-29] 報われないお話
    他のレビュアーさんのご指摘通り、自分も最初元ネタがある小説だとはわかりませんでした。
    自分はあまりリアル活字読まない方なので(目がショボショボする派)、こういう所で発見がありました。
    逆に、原典を知っている方ならこういう二次創作的?な派生作品は、元とその作品との表現の違いを
    楽しめるのかもしれませんね。

    お互いの感情のすれ違いが生み出す数奇な寓話。


  • [21-05-01] 元ネタありの伝承
    有名な安珍・清姫伝説が元ネタになっている短編小説らしい。恥ずかしながら知らなかったので普通に二種類の解釈の異なるお話として読めました。読んだ後ちょっとググって元ネタを調べてみましたが、大人向けのスグリの花の方は独自解釈が入っているらしく、恐怖と情念&憤怒という異なる感情によってそれぞれ違う行動を取ったというくだりは個人的に好きな筋書きです。

    個人的にこの独自解釈に関しては結構惹かれるものがあったので、読んで良かったです(作者のこの細かい語り口も好きな感じ)


  • [21-04-29] 安珍清姫伝説そのまんま
    黄色い菊の内容は伝承そのままですので割愛します。気になった点としては語尾が「でした」「ました」だけで構成されているので、文章力の面だけ見ても少々読みにくく感じました。
    スグリの花のほうも内容は伝承そのまま。ですがこちらはかなり作者の加筆が入っていますが描写はかなり稚拙で、本筋に関しての掘り下げがあまりできていません。全体的に描写がくどいのもあってかなり読みにくい印象を受けました。
    文以外のところでは文字詰めをしていないのか文字が一文字一文字離れているのでこれもまた読みづらく感じました。タイトルも内容に関連してこないのも少し気にかかる点だと感じます。
    総合評価としては少々お高めかなといった感じです。


  • [21-04-04] 古きよき恋の話
    二人の男女の古の物語です。僧の男が民宿の女性に恋をするという話となっております。昔の雰囲気の小説なのですが現代風な表現法などがあるので結構若い人たちにもじっくり読んでいただければわかりやすいですが深く読み込むことが出来ると思います。
    短い短編の小説ですが、その中にいっぱいの二人の恋心を感じましたので本が苦手な方も読んでみてください。


  • [20-02-21] 女の情念が男を襲う
    男女の恋愛を描いたノベル作品です。二作収録されています。

    「スグリの花」「黄色い菊」。二作とも修行僧の男に宿屋の娘が恋をするという物語で、登場人物も同じなのですが、内容が少し違います。「黄色い菊」の方がファンタジー色強めですね。修行僧である故、清姫の告白を断る安珍ですが、諦めきれない清姫が安珍につきまというという流れで、二作ともちょっぴりホラーな感じがしてとても面白かったです。



新着ピックアップ商品情報

タイトルとURLをコピーしました